長期休暇の過ごし方

8月 5, 2015 by admin
中学受験を受けさせることを想定しており、偏差値アップを狙っているという方の中には、お子さんの長期休暇の過ごし方に悩んでいる方もいるのではないでしょうか。特に受験が間近の場合、長期休暇は自分の自由な時間を確保する大きなチャンスなので、この機会にしっかり勉強させておきたいという方も多く、夏期講習を開く塾なども少なくありません。

長期休暇でしっかり勉強させたいという方は、必要以上な詰め込みはあまりしないほうが良いといいます。夏期講習などは行かせても、学校に通っている時間と変わらない生活リズムを過ごせる程度に抑えたほうが、夏休みが終わった後の生活リズムの修正に時間を掛けずにすみますし、急な生活スタイルの変化による子どもへの悪影響を防ぐことも出来ます。

長期休暇ではしっかり勉強することも大切ですが、勉強以外のことを行う機会も、しっかり確保しておきたいという意見は少なくありません。毎日遊ぶのは問題ですが、大事なイベントとして、何日かかけて家族旅行に出かけるなど、勉強をがんばったご褒美を用意することで、子どものモチベーション維持に繋げることが出来ます。何より、勉強だけの偏った生活は、子どもの心の成長に繋がらないので、勉強一辺倒にならないよう、親のほうから配慮してあげましょう。

Sorry, the comment form is closed at this time.