適正にあわせた塾選び

8月 5, 2015 by admin
中学受験に子どもを合格させるためには、毎日の勉強で可能な限り多くの知識を身につけさせたいところですが、自宅学習だけでは手が出ないところも多いので、少しでも多くの知識を身につけるためにも、塾に通わせるという方は少なくありません。塾と一口に言っても、塾によって授業形式は異なり、主に集団塾と個別指導塾の二種類から選択する事になるので、子どもの適正に合わせて、最も効率よく偏差値を上げられる塾を選びましょう。

集団塾は、向上心が高い子どもに向いています。多くのライバルと一緒に授業を受けることで、より高いレベルを目指して自主的に勉強するようになります。その分勉強が好きで、ある程度の実力を持たないと、どんどん授業においていかれるようになるので、あまり勉強が好きではなかったり、不得意な科目がある場合は、勉強に対するモチベーションがさらに下がることも多いです。

個別指導塾は、集団で授業は受けるものの、講師がマンツーマンで指導する形式を取っているため、生徒の実力に合わせて授業を行うことが出来ます。そのため勉強が好きでないという子も、自分のペースで少しずつ勉強が出来、モチベーションを高めるきっかけを作ることが出来ますし、苦手科目があるという子は、そこだけを重点的に習って、苦手を克服することが出来ます。

Sorry, the comment form is closed at this time.