復習は何度でも行う

8月 5, 2015 by admin
中学受験を成功させるためには、毎日の勉強が全てです。十分な知識を身につければ、偏差値も自然と上がり、合格圏内に余裕で入ることが出来ます。そのためには、毎日の勉強法についてもよく考える必要がありますが、特に復習を毎日続けることが、偏差値を上げる確実な方法といわれています。中には100回以上同じテキストを読み返している人もいるそうなので、特に成績が伸び悩んでいるお子さんがいるご家庭では、改めて復習の方法を考えてみてください。

復習は、とにかく回数を続けて、問題の意図を理解することが大切です。ただ答えの解き方を知るだけでは、問題の意図を理解することが出来ないままで、応用問題などに対応出来なくなることが非常に多いので、テキストはそれこそ何十回と見直すようにしましょう。

テキストの読み込みと暗記は、勉強の最初と最後では別の意識で臨みましょう。勉強の最初のうちは、理解力を高めるために暗記を行い、最後の暗記は、もうやることが無い状態まで理解力を高めたうえで、最後の確認に軽くチェックする程度の物になることを目標にしてください。最後の最後まで一夜漬けで暗記するようでは、その時点で勉強不足といっているようなものなので、受験に限らず、普段のテストなどでも、そうした目標の下、毎日勉強するようにしましょう。

Sorry, the comment form is closed at this time.