ルール付けでメリハリ

8月 5, 2015 by admin
偏差値アップのためには、毎日しっかり勉強することが大切ですが、中学受験までには長い時間があるので、だらだらと勉強するようになりがちです。いつまでも勉強に対してモチベーションを保ち、メリハリを付けて勉強し続けるためには、勉強に関するルール付けが有効です。一日の勉強のリズムを明確なルールで印象付けることで、だらだら勉強しないようになるのはもちろん、勉強の時間に集中力を高めて、より効率よく勉強できるようになります。

勉強の時間を設ける際は、必ず一日に行う勉強時間を設定しましょう。追い込み時期だからと必要以上に長時間勉強したり、特別な日だから勉強時間は短くしようといった、ぶれのある勉強時間の設定を続けていると、勉強に対するメリハリが付きにくくなるので、明確に勉強時間を決めた後は、問題が無い限りは厳守するようにしてください。

勉強時間のルール付けは、遊びの時間と関連付けると良いでしょう。
例えば、1時間勉強したら、1時間は自由にゲームなどで遊ぶことが出来るなど、勉強終わりに楽しみを与えることによって、生活にさらにメリハリをつけることが出来ます。目標があれば勉強にも集中するようになるので、時間設定が無い子どもと比較しても、より集中して勉強に臨むことが出来るようになるでしょう。

Sorry, the comment form is closed at this time.