教科の弱点を探し出す

8月 5, 2015 by admin
偏差値の高さは、そのまま中学受験の成功率にかかわります。偏差値を可能な限り上げ、維持させることで、希望する中学校の試験に合格し、入学後もしっかり授業についていくための基礎を鍛えることが出来ます。偏差値を上げるためには、偏差値を下げる要因となる、前科目の弱点を探し出すことが大切になってきます。子どもの成績や勉強の様子を参考に、どんなところが苦手なのか、一度徹底的に洗いだしてみましょう。

苦手分野というのは、ほんの小さなきっかけで生まれているものも多く、ほんの少しの理解で、一気に解消できることも珍しくありません。そのため、現時点でほんの小さなつまずきだと思って放置したら、取り返しの付かないケースになることもあるので、子どもが躓いたと感じたら、そこを徹底的に復習して、しっかりと理解させるようにしましょう。

一度苦手意識が付いた弱点は、解消しようにも中々上手くいきません。本人の気持ちが後ろ向きだと、覚えられるものも覚えられないので、まずは気持ちの上で苦手を克服させることが大切です。そのためには、一緒にどこが苦手なのか考えてあげたり、イメージトレーニングを徹底したりと、方法は何でもいいので、子どもが苦手意識を解消させるための方法を考えてみましょう。

Sorry, the comment form is closed at this time.