勉強の意味を教える

8月 5, 2015 by admin
中学受験のための偏差値アップは、当然ながら子どもの勉強の成果が全ての鍵を握ります。勉強嫌いな子どもに無理に勉強をさせても、勉強にモチベーションを見出せない以上、偏差値の上昇具合も、どこかで頭打ちになる可能性が高いです。勉強に対してのモチベーションを持ってもらうためにも、子どもには勉強をすることの意味をしっかり教えて、自分から積極的に勉強したいと思わせるようにしましょう。

子どものうちは、勉強が何に繋がるかイメージしにくいものです。なので、子どもにはその勉強がどんな役に立つのか、自分の経験も踏まえて教えてあげましょう。子どもに何か夢があるなら、それの実現のために普段の勉強がどんな役に立つのか教えると、無理に勉強させるよりも勉強に対するモチベーションが上がります。

勉強に対するモチベーションが中々上がらない子どもに対しては、何かでモチベーションを持たせるという手もあります。分かりやすい方法だと、テストで良い点を取れば何かプレゼントしてやるなど、何らかのご褒美を与えるなどの方法があります。ご褒美だけが目標になるのも考え物なので、出来ればそれをきっかけに勉強自体に興味を持ってもらえるよう、勉強の楽しさを教えてあげてください。

Sorry, the comment form is closed at this time.