自発的に勉強させる

8月 3, 2015 by admin
中学受験を成功させるためには、それなりの偏差値が必要になります。偏差値の高い学校へ入学するためには、子どもに無理に勉強させる程度では、どこかで無理が生じるのは目に見えているので、確実に偏差値をアップさせるためには、自発的に勉強させる意識を持たせることが大切です。そのためには、無理やり勉強させたり、遊びの時間を減らすような行為は避けて、勉強に対するモチベーションをどう持たせるかを第一に考えましょう。

勉強に対するモチベーションを持たせるには、勉強を楽しいものと意識させるのが一番です。
遊びの時間を減らすような詰め込み式の勉強だと、子どものほうは勉強は嫌なものというイメージしか持たず、モチベーションはいつまで経っても上がりません。モチベーション維持のためには、遊びの時間は思い切り遊ばせて、勉強の時間はしっかりさせるなど、ガス抜きの機会を持たせてあげることも大切です。

また、勉強に対するモチベーションを持たせるためには、積極的に話す機会を設けて、ほめる時は思い切りほめるようにしましょう。
特に小さいうちは、親とのコミュニケーションによってモチベーションが大きく変わるので、ほめるポイントがあればしっかりほめて、勉強は楽しいものだというイメージを持たせるようにしましょう。

Sorry, the comment form is closed at this time.