遡って理解を深める

3月 26, 2015 by admin
中学受験では、それなりの偏差値を確保していないとスタートラインに立つことも難しくなります。そのため、目標にしている中学校があるなら、それに準じた偏差値を早いうちから獲得させて、それを維持できるようにしておきましょう。仮に中学校に入学できたとしても、その後の授業についていけなくなるなど、子どもが苦労する事になります。特に苦手科目がある場合、偏差値アップの妨げになってしまうので、可能な限り早く苦手を解消して、偏差値アップに努めましょう。

苦手科目を解消しての偏差値アップは、どれだけその科目の理解力を高めるかがカギを握ります。苦手科目が出来る原因は色々ありますが、大半はどこかのポイントを理解しないまま、他の単元に進んでしまっていることがきっかけになっているので、一度授業内容を遡って、理解できなかった箇所を探し出す必要があります。そのためには、1年生から勉強しなおすくらいの思い切った遡りも視野に入れ、全ての単元の理解を深めさせましょう。

理解力を高めるための勉強は、何より焦らないことが大切です。明らかに周りと遅れていると思って、ついつい焦ってしまう方も多いですが、ここで子どもに急がせたり、無理に勉強させると、科目に対しての苦手意識がますます強まります。そうなると偏差値アップは絶望的になるので、多少の遅れは覚悟して、じっくり理解力を深めさせてあげましょう。

Sorry, the comment form is closed at this time.